31st JUL. 2022

最上層の釉薬が下層をはじくような現象が起きていました。(右上)
微かなことですが、興味深く新しい景色です。


30th JUL. 2022

定番のものより少しだけ大きいカップをお作りしました(左)。
これからタンブラーなどの制作にも入る予定です。


29th JUL. 2022

ひとつのジュエリーケースに対して蓋を何種類かお作りしてみました。
気分に合わせてお好きな色を選んでいただけます。


28th JUL. 2022

素地の配合を変えつつ、異なる釉薬を重ねてみました。
アイボリーが加わると、抜け感が出て柔らかな印象になる気がします。


27th JUL. 2022

新しくお作りしたピアス・イヤリングパーツ。
様々な青のトーンが出てくれて嬉しいです。
楽しみながら仕上げていきたいと思います。


26th JUL. 2022

窯出し。
釉掛け中に予想外のことが起きたのですが、そのまま焼成してみたところアンニュイな表情が出てくれました。
こんな偶発的なギフトが得られるのも醍醐味だと感じます。


25th JUL. 2022

左右で釉薬の濃さを微妙に変えたプレート。
釉薬の中に浮遊しているような、細かな色材の粒子が見える様が楽しいです。


24th JUL. 2022

新しいサーバーの試作。
シンプルバージョンです。
これからブラッシュアップしていきます。


23rd JUL. 2022

ころんとした形のフリーボウルをお作りしました。
手で包み込めるような優しい丸みを意識しています。


22nd JUL. 2022

蓋の中央部に結晶が出ました。
お気に入りのジュエリーなどを入れていただけたらと思い、お作りしています。


21st JUL. 2022

同じ釉薬・素地でも貫入の出方が全く違う不思議。。
壮大なロマンを感じます。


20th JUL. 2022

なかなか見ない青で気になっていたプレート。
ヒヤシンスブルーという色が近似色のよう。
嬉しいことに、毎回様々な青に出会えています。


19th JUL. 2022

インクが滲んだような青と滑らかな肌触りが特徴。
ライン取りも敢えてラフに。
それぞれのさり気ない個性を楽しんでいただけたら嬉しいです。


18th JUL. 2022

カップが焼き上がりました。
理想にたどり着くまで釉薬や素地の配合テストを繰り返したため感慨深いです。


17th JUL. 2022

敢えて厚めに施釉したプレート。
近くで見ると、釉の中に細かな気泡がたくさん含まれているのがわかります。
釉薬の世界は本当に面白く興味が尽きることがありません。


16th JUL. 2022

裏面は、薄めた水彩絵の具を塗り重ねたような印象に。
表とは違う表情を見せてくれるのが興味深く、つい見入ってしまいます。


15th JUL. 2022

異なる種類の釉薬を、薄紙を重ねるような感覚で何度も掛けてみました。
水面を叩いて、泡が水中から浮かび上がってくるようなイメージになった気がしています。


14th JUL. 2022

こちらは広範囲に結晶が出て、貫入が入りました。
貫入が入る時は、ピアノの高音のような心地良い音が鳴ります。


13th JUL. 2022

少しずつ形になってきたボーダープレート。
アイテムによって釉薬の濃さを調整しているのですが、最近は感覚的に掴めるようになってきました。
引き続き、楽しみながら進めていきます。


12th JUL. 2022

プレートの中央付近に結晶が出ました。
新たな景色が加わり嬉しいです。
明確な理由はまだわかっていないので、検証していきたいと思います。


11th JUL. 2022

窯出し。
これまでにない清涼感のあるやさしい青に出会えました。
初日でこれだけ貫入が入っているので、どんな風に変化していくか楽しみです。


10th JUL. 2022

素地の表情がアクセントになっているプレート。
新しいうつわのアイデアになってくれる予感がしているのですが、、
自然にアウトプットされるまで待ちたいと思います。


9th JUL. 2022

新しいソーサー。
コーヒーを飲むひとときがますます楽しみになりました。
これからたくさん作っていきたいと思います。


8th JUL. 2022

こちらのプレートは、釉が混ざりきっていないことで奥行きのある表情になりました。
自分の中の常識をあっさり覆してくれる感覚でとても楽しいです。


7th JUL. 2022

ジュエリープレートが食器としても使っていただけるようになりました。
自分を大切にすることをコンセプトにお作りしているのですが、
身に着けるものや口に入れるものを大事にしたいと改めて感じます。


6th JUL. 2022

透明感の中にある滲み、少し紫がかったような青、くっきりとした貫入。
今回も新たな表情に出会うことができました。


5th JUL. 2022

涼やかな色味に焼き上がったプレート。
同じくらいの厚みで施釉したのですが、左は失透、右は透明度が高く貫入が入りました。
見れば見るほど引き込まれて時が経つのを忘れてしまいそうになります。


4th JUL. 2022

小さなリムプレート。
心地良い手触りになるよう、焼き上がった後も工程を重ねています。
思い返せば色々な偶然が重なってできたものなので、形になるまで諦めなくて良かったと思いつつ
多くの方のお陰でうつわが作れていることに改めて感謝です。


3rd JUL. 2022

ゴブレットのヘビーユーザーです。
こちらは口元を光沢のある釉薬にすることで、口当たりが良くなるようお作りしています。
これから冷たい飲み物を飲む時にも活躍してくれそうです。


2nd JUL. 2022

ピアス・イヤリングいろいろ。
小さなタイプはカフと合わせるバランスが好きです。
これから夏に向けたコーディネートを楽しみたいと思います。


1st JUL. 2022

今日から7月。
眩しい陽射しに似合うクリアなグリーンに元気をもらいつつ、今を楽しんでいきます。


TOP